FC2ブログ

あつとブログ

WEB漫画サイト「ゆめいろGペン」のサポートが本来の目的。色々な(偏った)ジャンルで調べたこと等をまとめる奇妙なブログです。コメントは受け付けてないのでご連絡は「mituiatto☆gmail.com」まで

オリジナル漫画「魔心」公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格ゲーメモ 確反編

あまり充実した記事ではありません。
一応
反確:反撃が確定する場面
確反:確定している場面で行う反撃

ブレイブルー(CP以降)のことについてのみ記述。
ブレイブルーでの確反の内、弱攻撃(5A)によるものは弱攻撃の発生5~6Fから可能となる。
5Aからはバージョンやキャラによってかなり異なるがだいたい中央で1800~2500ぐらい出る。

さて、中攻撃(5B)による確反だが、これはだいたい8Fぐらいから可能となる。
5B始動では中央でだいたい2200~3200ぐらいだろうか。
このあたりの確反は何かをガードした後であれば相手との距離が重要になってくる。(これがこの記事のキモ)
例えガードによって硬直差が8F発生していても距離が離れていると8F発生の中攻撃が届かずお咎めなしということがある。
私の使うハザマやテルミなんかはリーチがあまり長くないため、8Fの硬直差で距離が離れているとノーゲージでは何もできない。
10Fもらえればある程度の距離までなら2B(下段の蹴り)が届いたりするが当然補正は悪い。
しかしここでラグナ5Bやハクメン3Cであれば発生8Fでかなりの距離に届き、確反を行うことができる。
ブレイブルーにおいては8F~12Fあたりが距離、キャラによって反確かどうかが変わると言えるだろう。

更に大きい確反としてはCHすると強力な技で行うことになってくる。
ラグナの5Cは発生13F。ラグナのコンボは6Cを入れられると火力が上がるのだが、
5C>6Cのルートは屈くらい、または5CがCHしていないと入らない(らしい)。3500ちょいぐらい出るのかな?
ハザマの3Cは発生14F。CHすると補正ゆるゆるの浮かせ技である強化残影牙に繋げられるためどのバージョンでも4000は出る。
確反にもってこいの技が無くとも、5Cはだいたいのキャラが補正が良いので大きい確反と言える。
これらは結構リーチが長く、何かガードしたことによった場面であれば大抵は届く。
つまり15Fも硬直差がつけば基本的には大きい確反が入る、と思って良いだろう。
こういうのはだいたい無敵技(超必含む)をガードした時ぐらいにしか起こらない。

ちなみにブレイブルーにはフェイタルカウンター(FC)という通常カウンターよりも効果の大きい、
「FC始動のコンボ中、受け身不能時間が2F伸びる」というものが存在するが、
これはあまり確反として使用する場面が多くないように感じる。
というのもだいたいのFC対応技が発生が極端に遅いものや、始動補正がさほどよくないものが多く、
難しいFC限定のコンボを行ったとしても単純な5C始動より火力が劣ったりすることが少なくないというのが原因。
FCはどちらかというと立ち回りの中でカウンターで当たると大事故になる、というような印象。


他のゲームもやりこんだら加筆していきたいですね

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。